江川卓の引退理由や球速は?空白の1日とは?

この記事は2分で読めます

Pocket

現在スポーツキャスターとして活躍されている江川卓さんについて書いていきます。
江川さんは高校時代に怪物と称され、「分かっていても当たらないストレート」として有名でした。その実力は圧倒的で、ストレートはホップするほど伸びがあり、多くの高校球児はかすりもしない状態だったそうです。

引退理由は?

江川さんは巨人のエースとして活躍されましたが、なんと32歳という若さで引退されています。
プロ野球選手の平均引退年齢が約30歳なので平均くらいの長さしかプレーされていないということですね。
9年間で135勝という驚異的な成績を残されたのにも関わらず32歳で引退ということで引退を惜しむ声は凄かったようです。
引退の理由としては「選手としての限界を感じたから」だそうです。まだまだ活躍できたでしょうしもっと続けてもらいたかったですね。
広島の小早川選手にサヨナラホームランを打たれたことも引退に大きく影響したそうですが、自分の満足のいくボールを完璧に打たれたのがショックだったのかもしれませんね。

球種や球速は?

江川さんは基本的にストレートカーブしか投げない球種が少ない投手ですが、そのコンビネーションで数々の強打者から三振を奪ってきたのですから驚異的だと思います。オールスターでは8者連続三振を奪ったのでストレートの伸びは抜群だったのでしょうね。
江川さんはとある番組で以前語っていたのですが、実は相手の得意なコースに投げるそうです。相手の苦手なコースに投げると相手がボールに当てにくるのでなかなか三振が奪えないそうです。相手の得意なコースに投げると、相手は本気で振りに来るので空振りも奪いやすいそうです。江川さんは奪三振に強いこだわりを持っていたのでしょうね。球速については150kmほどだったようですが当時のスピードガンは性能が悪かったため、今のスピードガンで計測するともっと出ていると言われています。

空白の1日とは?

空白の1日についてご存知でしょうか?江川さんはドラフトの時に当然たくさんの球団から1位指名を受ける予定だったのですが、どうしても巨人に入りたかった江川投手はなんとドラフトの前日に巨人と電撃契約を果たしました!
この騒動を聞いて他球団からは当然避難の声が殺到しましたが、巨人は反発し翌日のドラフト会議をボイコットすることになりました。
ドラフト当日は他球団は当然のように江川さんを指名し、阪神が交渉権を獲得することになりました。
江川さんが阪神か巨人のどちらに入団するかで注目が集まりましたが、様々な協議が行われた後、江川さんは巨人に入団する代わりに小林繁さんを阪神に移籍させることで話がまとまりました。
今回の意見で江川さんには批判の声が相次ぎ、小林さんには同情の声が相次ぎました。
今のプロ野球の状況では考えられない状況ですね。
それぐらい江川さんの巨人に入りたい気持ちと巨人が江川さんを入団させたい気持ちが強かったのでしょうね。
ドラフトにはしっかりルールがあるので、このような事件が起こらないように球団も選手もわきまえて欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。