阪神の大山悠輔の大学時代の成績は?

この記事は1分で読めます

Pocket

阪神タイガースに今季ドラフト1位で入団した大山悠輔選手が本日プロ初ホームランを放ちましたね。
プロ初安打が初ホームランと言うことで大物を予感させますね。
大山選手の活躍のお蔭で阪神は連敗が止まったので、これから勢いづいていくかもしれませんね。

ドラフトについて

阪神が今季ドラフト1位に大山選手を指名したことに対しては批判的な意見が多かったです。
予想ではロッテに集団した佐々木千隼投手のドラフト1位指名が予想されていたので、大山選手を指名したとき会場にどよめきが起こりましたね。
私もドラフト1位は佐々木投手だと思っていたので意外でした。
ただドラフト2位で入団した小野投手がかなりの実力の持ち主だったので結果的に良かったのかもしれませんね。
金本監督は阪神にいない右打者の大砲候補が欲しかったらしく、大山選手が一番イメージに近かったのでしょうね。
阪神は現在ホームランをたくさん打てる打者があまりいないのでホームラン王を狙えるような打者になってもらいたいですね。
大山選手の実力はまだ未知数ですが、これからスタメンを取れるように頑張ってもらいたいですね。
大山選手は金本監督に似ていると言われているそうです(笑)
そのことを記者が金本監督に言ったら金本監督は「僕の方が男前ですよ。」と語っていました(笑)

大学での成績は?

大山選手の出身大学は白鴎大学です。
大学時代は学生リーグで打率とホームランの2冠に輝き、守備でもサードのベストナインに輝きました。
打率は4割を超えたこともあるようです。
大学日本代表では、4番を務めたのでまさにこの年の大学野球界を代表する打者でした。
しかしスカウト陣からの評価はさほど高くなく、2位以下の指名が有力視されていました。
大学野球の投手のレベルとプロ野球の投手のレベルは全然違うので、大学のリーグでの成績はあまりあてにならないのかもしれませんね。
田中正義投手が圧倒的に注目されていたので打者で評価の高い選手はあまり聞かなかったですね。
野球の評論家の中では阪神の大山選手のドラフト1位指名に対して批判的な意見がかなり多かったので、その評価を見返せるような活躍を見せてもらいたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。