阪神の藤浪晋太郎が二軍で炎上!現在の状態は?

この記事は1分で読めます

Pocket

藤波晋太郎投手が7月2日二軍の登板で7失点炎上した後、頭部死球によって危険球退場の処分を受けました。
前回の二軍での登板では、7回2失点で復調の兆しを見せていたので今回の登板は残念な結果となりました。
藤浪投手は相手バッターからの評判が悪く、頻繁に顔付近に速いボールが来るからだそうです。
それが原因で乱闘になったこともありましたね。
藤浪投手はボールがすごく速いのでストレートが体付近に来るとなかなかよけられないのでしょうね。
ストレートでデットボールを投げるようなピッチャーはプロにはいないと聞いたことがあるのですが藤浪投手は例外ですね(苦笑)
硬球が150kmのスピートでボールに当たるのはかなり危なく、骨折などケガのリスクも高いので相手からすれば簡単に許せるものではないのかもしれませんね。

世の中の声

今回の炎上に関して
「これはイップスではないか・・・・」
「どうしてここまでになった。」
「コントロールの問題ではなくメンタルの問題ではないか。」
という意見がありました。
藤浪投手のイップスを疑う声が多かったです。
体付近へのボールが多すぎるので、イップスの症状に近いかもしれませんね。
イチロー選手も昔イップスだったそうなのですが、ボールが上手く投げられなくなるので気をつけて欲しいですね。

まとめ

ドラフト1位で入団してきた時は「球界を代表するエースになる」と言われていたのですが、周りが思うような結果は残せていないような状況ですね。
ストレートや変化球の質は良いので、やはり安定したコントロールを身につけてもらいたいですね。
素質は十分エースクラスだと思うので、コントロールさえ身に付けばすぐにでも一軍に戻ってくるでしょうね。
藤浪投手は体が大きく、体を使いこなしにくいのかもしれませんが、その分使いこなすことが出来れば他の投手を圧倒するような投球が出来ると思うので頑張ってもらいたいですね。
阪神のこれからのエースは藤浪投手だと思うので、早く1軍に戻ってきて欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。