広島カープ・新井貴浩のおもしろネタエピソードとは?

この記事は1分で読めます

Pocket

広島の新井貴浩選手について書いていきます。
新井選手はドラフトで広島に入団し、FAで阪神に行ってからもう一度広島に戻った選手ですね。
新井選手がFAで阪神に行ったとき、広島ファンからのバッシングは凄かったようです(笑)
新井選手は移籍会見で涙を流し、「カープが好きだから移籍が辛いです。」と言ったのですが「泣くぐらいなら行くなよ!自分で決めたんだろ!」という批判が相次いだようです(苦笑)
広島はお金が無く当時弱い球団だったので人気球団の阪神に移籍することは金目当ての移籍とファンの目には映ったのでしょうね。
阪神に移ってから広島戦をすると、ファンからのブーイングがすごかったみたいです。
当時新井選手は広島の四番バッターなので広島からすれば新井選手の移籍は大きな戦力ダウンにだったのでしょうね。

阪神で途中から思うような活躍が出来なくなり、広島に戻った新井選手ですが、広島のファンは新井選手を拍手で出迎えてくれたそうで、新井選手は「一生忘れられない」と語っていたそうです。

新井選手の親分といえば金本監督(当時選手)でしたね。
広島と阪神で一緒にプレーをしていましたが、金本監督は新井選手をいじりっぱなしだったようです(笑)
新井選手をバカにするTシャツを作ったり、夜中に部屋のインターホンを鳴らしたりしたようで、新井選手をいじめて楽しんでいたそうです。
新井選手も度が過ぎる嫌がらせの数々に部屋を変えてもらったりしていたそうです(笑)
さすがの新井さんも本気で怒りたくなったこともあるでしょうね。
夜中にインターホン鳴らすのは少しやりすぎな気がしますね(笑)
プロ野球選手は体調管理も大切なので。
金本監督からすれば新井選手はいじりがいがある可愛い後輩だったのでしょうね。

2016年はMVPを取る等大活躍を見せた新井選手なので、今年も変わらないような結果を残し続けてほしいですね。
年齢の事もあるのでケガには気を付けて欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。