清宮幸太郎のドラフトの評価や予想は?

この記事は1分で読めます

Pocket


清宮幸太郎選手について書いていきます。
今年のドラフトの打者の目玉といえば清宮選手になりそうですね。
持ち味はなんといっても長打力ですね。
プロに入ってからは巨人にいた松井選手のような活躍を期待されるのではないでしょうかね。

ただスカウト陣の評価は多様のようです。
清宮選手を絶賛するスカウトも居れば、「高校生にしては凄いというレベル」と評価するスカウトもいます。
高校野球で怪物クラスの結果を残した選手でも、プロの球に対応できずにプロで結果を残せなかった選手もいるので高校野球で結果を出しているからといって必ず評価されるというわけではないようですね。

ドラフトの予想は?

清宮を1位指名することが有力視されている球団は、主に中日、ヤクルト、阪神、ロッテ、DeNA、日ハム、ソフトバンクです。
日本人でたくさんホームランを打てるバッターはどの球団にもあまりいないと思うので、清宮選手は久々の大砲候補なのでしょうね。
打線が弱い球団からすればホームランバッターが1人加わるだけで打線の印象が変わるので清宮選手は喉から手が出るほど欲しい存在なのでしょうね。

まとめ

清宮選手のように遠くに飛ばせるバッターは今のプロ野球界で少ないので、清宮選手にはぜひ遠くに飛ばせるホームランバッターになってもらいたいですね。高校野球とプロ野球は当然ながらレベルが違いますし、清宮選手がプロに入ってからは、木製バットへの対応とプロレベルのピッチャーに対応出来るかどうかが鍵になると思います。清宮選手は器用さも持ち合わせている選手だと思うので、プロの球にも対応できるのではないかと思います。球を遠くに飛ばせることは大きな才能ですし清宮選手はスケールの大きい選手だと思うので、これからも自分の長所を伸ばしていって欲しいですね。清宮選手は松井選手のバッティングを参考にしているみたいなので、ぜひ松井選手を超えるようなホームランバッターになってもらいたいですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。