安田尚憲(履正社)の評価は?清宮とどっちが凄い?

この記事は1分で読めます

Pocket


履正社の安田尚憲選手について書いていきます。
「東の清宮 西の安田」と言われているように清宮選手と同じようなホームランバッターとして注目を集めています。
今のところ清宮選手の方が評価は高いですが、清宮選手の外れ1位として狙っている球団も多いのではないでしょうか。
安田選手自身は清宮選手に勝っているところは無いと言っているようですが、元阪神タイガースの赤星憲広さん曰く、流し打ちのボールを飛ばす力は清宮選手より安田選手の方が能力が高いそうです。
反対方向に強い打球が打てることはプロに入っても大きな武器になるので、プロでも活躍出来る選手になるかもしれませんね。
また、安田選手は既に木製バットによるバッティング練習もしているそうなので、プロに入ってからの木製バットへの対応も抵抗なく出来るかもしれませんね。
安田選手は高校通算60本程ホームランを打っていて、100本以上売っている清宮選手には少しインパクトが劣るかもしれませんが十分高校野球史に残るような選手だと思います。
安田選手を上位指名すると言われている球団はオリックスや阪神などです。
全体的な評価はやはり清宮選手の方が高いので、清宮選手の外れ1位になるかもしれませんね。

ここぞという時に頼りになるようなホームランバッターはどの球団にもあまりいないので、安田選手はそのようなバッターになる可能性がある選手だと思います。
阪神は現在左バッターの大砲があまりいないので、補強ポイントとマッチするかもしれませんね。
金本監督は長打力があって身体能力が高い選手が好きなので安田選手には注目しているのではないでしょうかね。
ホームラン王を狙えるようなバッターが1人でもいれば打線にかなり厚みが増すと思うので、安田選手が欲しい球団は多いでしょうね。

安田選手は間違いなくプロに行くと思いますが、高校生活はまだ残っているので、悔いがないように頑張って欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。