澤村拓一の現在2017の状態は?

この記事は2分で読めます

Pocket


プロフィール
出身地 栃木県栃木市
生年月日 1988年4月3日(29歳)
身長  184 cm
体重  102 kg
出身大学 中央大学
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
年俸 1億5,000万円(2017年)

澤村拓一投手について書いていきます。
澤村投手は日本ハムの斎藤佑樹投手と同じ年に巨人のドラフト1位で入団してきた投手です。
大学時代は157キロをマークしノビのあるストレートとキレのあるスライダーが注目されていました。
高校時代は無名の投手だったそうですが、大学時代にウエイトトレーニングを取り入れ肉体改造に成功し、一気に大学球界を代表するような投手になったそうです。
巨人入団時、澤村投手は背番号18を希望したそうなのですが、伝説の投手である沢村栄治さんが背番号14だったので、「沢村栄治さんを1つ超えるという意味で15を付けて欲しい。」と原監督に言われたそうです。
そのことに納得した澤村投手は背番号15を付け、背番号18はプロで結果を残してから自分で勝ち取ろうと思ったそうです。

澤村投手はプロで活躍確実と言われ一年目からタイトルを取るのではないかと言われていたのですが、プロの世界はそう甘くなく、思うような結果が残せない日々が続きました。
特にコントロールの面で問題があり、元巨人のエースの桑田真澄さんも「球は速いけどコントロールが悪いから安心して見れない。」とコメントしていました。

澤村投手の現在は?

澤村投手は現在肩のケガによって3軍でリハビリをしています。
2軍の試合で登板もしていないので、復帰にはまだ時間がかかるかもしれませんね。
ケガの原因としては「ウエイトトレーニングのし過ぎでは?」という声もあるようです。
しかし澤村投手は大学時代にウエイトトレーニングによって大きく成長した投手なのでウエイトには強いこだわりがあるでしょうね。
澤村投手は自他共に認めるトレーニング好きで、澤村選手の基準のウエイトトレーニングが出来る選手はなかなかいないそうです。

まとめ

澤村投手のストレートは球界トップクラスですし、素材は間違い無く超一流だと思います。
あとはコントロールや器用さを身につければ球界を代表するような抑え投手になるのではないかと思います。
肩のケガはクセになってしまう投手もあるので、そうならないように完全に治してからまた復帰して欲しいですね。
巨人はチーム状況が現在良くないので、澤村投手の復帰が巻き返しの原動力になるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。