清宮幸太郎が敗戦で涙!進路はプロか大学か?

この記事は1分で読めます

Pocket


早稲田実業が残念ながら西東京大会の決勝で敗れ、甲子園出場を逃しましたね。
野球は強いチームが負けてしまうことは多々あるので、トーナメント式の高校野球を勝ち抜くのは本当に厳しい戦いですね。
清宮選手はキャプテンとして今大会に臨み甲子園に出場すら出来なかったのは本当に悔しかったでしょうね。
清宮選手は試合後のインタビューで涙を流していました。
高校球児にとって甲子園はある意味全てだと思うので、かなりショックだったのでしょうね。
清宮選手の高校での野球生活はほぼ終わりましたがこれからも野球生活は続くので頑張って欲しいですね。

清宮選手の卒業後の進路として、プロに入るか大学に行くか記者が質問したのですが、「まだ、この先どうしようか考えていない。」とコメントしたそうです。
てっきりプロ挑戦を決めているのかと思っていたのですが、まだ大学に進学する可能性もあるということですね。
大学に行くなら早稲田大学に行くことになるでしょうね。
清宮選手ほどの素材を持った選手は早くプロに行ったほうが良いのではないかと個人的には思います。
大学野球とプロ野球は当然ながらレベルに雲泥の差があります。
18歳の成長期の段階からプロの球に慣れたほうが後々成長しやすいのではないかと思います。
マー君と佑ちゃんも4年間でかなりの差がつきましたからね。
人間は厳しい環境のほうが成長出来ると思いますし、少しでも若い時から厳しい環境に飛び込むべきなのではないかと思います。

ドラフトになれば1位で複数球団が指名することは必須だと思います。
これほどのスラッガーはなかなかいないですからね。
将来的には三冠王を狙える可能性も十分あると思います。
ホームランバッターがいない球団もいつくかあるのでそのような球団からすれば喉から手が出るほど欲しい選手でしょうね。
清宮選手は大学に行こうがプロに行こうが、日本トップのホームランバッターになれるように頑張ってもらいたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。