楽天則本昂大の年棒の推移!2017年まで!

この記事は1分で読めます

Pocket

楽天のエースと言えば則本昂大投手ですね。
ストレートも速く三線を取る力もあるためメジャーからも注目をされているようです。
6月8日には8試合連続2桁奪三振を達成し、ニュースになりました。
2桁奪三振を取ろうとすると少なくとも3人に1人以上は三振によってアウトを取らなければいけないので
かなりの割合で三振をとっているということになりますね。

年棒は?

則本選手の年棒は2017年で2億円です。
今までの推移は
2016年・・・・1億5000万円
2015年・・・・1億2000万円
2014年・・・・6千万円
2013年・・・・1200万円
となっています。
 2012年のドラフトで2位で指名されてから5年目のシーズンです。
 入団3年目で1億円突破というのは
 元楽天エースの田中将大投手にも与えられていなかったので凄い功績と言って良いと思います。
 成績も安定したえ結果を残し続けているので、これからも頑張って欲しいですね。
 各チームのエースはやはり年棒がかなり高いです。
 オリックスのエースの金子投手はなんと2017年に5億円の年棒をもらっているので、則本選手の年棒はエースの中では決して高くはないのかもしれませんね。
 ただ金子投手は33歳であり、則本投手とは年齢が少し離れるので則本選手もこれから年棒が上がっていくのかもしれません。
 

則本投手は国際大会にも多々出場しており、間違い無く日本トップクラスの投手だちお思うので、次のwbc等の国際大会でも頑張って欲しいですね。
前回のプレミア12では韓国戦で大谷投手の後を託され、打たれて負けてしまったので次回の国際大会でその雪辱を晴らしてもらいたいですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。