武田翔太選手の球種は?カーブが凄いだけじゃない!?

この記事は1分で読めます

Pocket


ソフトバンクホークスの武田翔太投手といえばカーブで有名ですね。
ドロップカーブと言われていますが落差の激しいカーブが武田投手の最大の武器だと言われています。

西武の森選手など数々の一流バッターが武田投手のカーブを絶賛していました。

 

武田投手はカーブだけでなくスライダーも凄いそうです。
縦に曲がるスライダーがあり、それはカーブとあまり見分けがつかないそうで、打者を翻弄するボールだそうです。
解説者が見てもどちらのボールを投げたのかなかなかわかりにくいそうです(笑)

武田投手の球種は主に
ストレート、カーブ、スライダー、シュート、チェンジアップがあるそうです。
その中でもカーブは3種類あるそうなので、使い分けられると打者は苦労するでしょうね。

現メジャーリーガーの田中将大投手はスプリットで打者を抑え続けてきましたが、
凄い変化球が一つあると打者からすれば厄介なのでしょうね。

武田翔太投手の現在

武田投手は今年シーズン初めごろに右肩の不調から登録抹消になりました。
ただ右肩の調子はかなり回復してきているとニュース記事で見かけたので、順調なのだと思います。
2軍では試合で投げているそうで、そこそこの結果は出ているようです。
ピッチャーはケガをしやすいポジションだと思うので、ケガを繰り返さないようししっかり治してまた一軍に戻ってきて
本来の投球が見たいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。