ダルビッシュの筋肉肥大化トレーニングにイチローは大反対!?

この記事は1分で読めます

Pocket


ダルビッシュとイチロー選手のトレーニング理論が食い違っていることに対して以前問題になっていたのをご存知でしょうか。

ダルビッシュ選手は日本にいたときからウエイトトレーニングをしたりプロテインを飲んだりして筋肉を大きくし、体重を増やすような
トレーニングをされていました。
他の選手にも体重を増やすように薦めることもあり、ダルビッシュ選手に影響を受けて体を大きくした選手もいると思います。
ダルビッシュ選手はメジャーリーグの選手に対抗するには筋肉を鍛えて筋出力を上げることが大切だという主張ですが、この考えに対して
イチロー選手は反対意見を持っておられるようです。

イチロー選手曰く、筋肉を大きくすると重くなって怪我をしやすくなったり、動きが悪くなったりするようです。
イチロー選手も昔ウエイトトレーニングをしていた時もあったそうですが、その時は筋肉が邪魔になって体が上手く回らず、スイングスピードが落ちたと言っていました。それからウエイトトレーニングをしなくなったそうで、そうすればスイングスピードが上がり、結果が出やすくなったようです。
イチロー選手は怪我をしないですし、ずっと安定した結果を残し続けてきたのですごく説得力がありますね。

ダルビッシュ選手は、イチローがそのような主張をしたことに対して、「イチローさんは特別」という主張をしていました。
イチロー選手はとても頭が良くて特殊な能力を持っているから今まで良い成績を残してきたけど、普通の人がイチロー選手の
マネをしようとしても出来ない、と言っていました。

トレーニング方法については様々な意見があるのでどれが正解というのはなかなか言えないのかもしれませんね。
人はそれぞれ体つきが違うので、ベストな練習方法も人それぞれなのかもしれませんね。
イチロー選手の考えもダルビッシュ選手の考えも一理あると思いますし、スポーツ選手は両方試してみて自分に合うほうを
極めていけば良いのではないでしょうかね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。