日本ハムの近藤健介が登録抹消?理由は?

この記事は2分で読めます

Pocket


日本ハムの近藤健介選手が試合に出場していないことが話題になっていますね。
近藤選手は今年4割を超える打率を残しており、チームの主軸を担う選手ですね。

近藤選手の登録抹消の理由は右のハムストリングスの張りによるものだそうです。
ハムストリングスというのは太ももの裏の筋肉のことで、走るときにすごく使う筋肉として有名ですね。
病院で検査をした結果、出血や炎症は見られなかったようです。
しかし大事をとって登録抹消し、ゆっくり治してもらうということなのでしょう。

近藤選手は打率4割をキープして注目を集めている選手なので早く治して復帰して貰いたいですね。

みなさん歴代シーズン最高打率を残した選手をご存知でしょうか?
今も現役で活躍しているレジェンドのイチロー選手・・・・

 

ではなく史上最強の助っ人と言われている元阪神のランディバース選手です。
掛布選手と岡田選手と共にバックスクリーン3連発を打ったことでも有名ですね。

ランディバース選手は1986年に3割8分9厘という驚異的な打率を残しました。
ちなみにイチロー選手の最高打率は3割8分7厘で歴代2位です。

バース選手は打率が高いだけでなくホームランも最高54本打っているのでまさに最強の助っ人ですね。
三冠王も2回獲っていますしこんな助っ人は今のところ他にいないと思います。

3割8文9厘がシーズン歴代最高打率ということで、4割を打ったバッターは今のところいないということです。
近藤選手がこの調子を維持できるかどうかはわかりませんが、是非日本プロ野球史上初の4割バッターを目指して欲しいですね。
イチロー選手でも成し得なかった打率4割という数字は驚異的な数字だと思いますが頑張って欲しいですね。

 

メジャーでの日本人打者の評価は?

メジャーリーグで活躍している日本人選手は投手が多いので、日本人投手の評価は高いようですが、日本人野手の評価はあまり高くないようです。
日本で活躍してからメジャーに行って活躍出来なかった野手がたくさんいましたからね・・・・

落合博満元監督もとある番組でピッチャーは(メジャーに)行って良いと思うけどバッターはあまり通用しないという旨の発言をされていた
こともあります。
日本人はパワーで劣るという意見があるように、野手で勝負しようとすると肩力や飛距離で差を付けられてしまうのかもしれませんね。

イチロー選手のようにメジャーで活躍する野手も出てきて欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。