阪神の鳥谷敬の復調の原因は?

この記事は1分で読めます

Pocket

阪神タイガースの鳥谷敬選手が今年復調し、注目を浴びていますね。
去年打撃では思ったような成績を残せず、守備でも平凡なショートフライを落とすなど鳥谷選手らしからぬプレーがたくさんあり、
ついに若手の北条選手にスタメンを奪われる形になりました。
連続フルイニング出場も途切れ、キャプテンの座も福留選手に明け渡すことになりました。
2016年は鳥谷選手にとって悔しいシーズンになったと思います。

鳥谷選手の今シーズン

今年はショートではなくサードのポジションで開幕から出場しています。
去年とは打って変わって好調をキープしています。
去年の打率は2割3分6厘でしたが、今年は今まで3割台をキープしています。
選球眼が良く、フォアボールが多いのも鳥谷選手の特徴ですが、そのフォアボールもたくさん選んでおり、
出塁率は4割を超えています。

いまのところは完全復活をしてといって良いかもしれませんね。

鳥谷選手の復調の理由としては、キャプテンを辞めたことが結果的によかったのではないかと言われています。
キャプテンという立場は自分のことだけでなく、周りの事も気にしながら練習をしないといけないので、鳥谷選手の負担になっていたのかもしれませんね。
鳥谷選手はどちらかといえば寡黙は印象もあるのでキャプテンをするようなタイプではないのかもしれませんね。

鳥谷選手は今年36歳になる年で、去年の不調に関して加齢による衰えを指摘する人も多かったですが、
今年は例年のように安定した打撃や守備を続けてもらいたいですね。

糸井選手や福留選手も年齢に負けず、若手顔負けの成績を残していって欲しいですね。
年齢によって成績を残せなくなってくる選手もたくさんいますが、今はトレーニングも進化していて
年齢を重ねてもケガをせずに高い成績を維持している選手もたくさんいるので、年齢の壁に負けないように頑張ってほしいですね。

イチロー選手は50歳まで続けたいそうですが、選手寿命がどんどん伸びるようにトレーニングや体のケアの方法も進化していって欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。